現時点の最新モデル

2020年の8月時点では、まだiPhone 12が発売されておりません。その為、iPhoneの最新モデルとなっているのが、iPhone 11とiPhone SE (第二世代)になります。iPhone 11とiPhone SE (第二世代)は全くコンセプトが異なっておりますので、それぞれのメリットとデメリットがあります。iPhoneが故障してしまったり、紛失してしまったりなどで早急に買い替えなければいけないような場合には、iPhone 11とiPhone SE (第二世代)の特徴をしっかりと理解した上で、購入するiPhoneを選ぶようにしましょう。

iPhone 11とiPhone SE (第二世代)で最も大きく異なるのはその価格帯です。iPhone 11シリーズの価格が80,784円から170,424円であるのに対し、iPhone SE (第二世代)になると44,800円から69,442円となっているのです。コストパフォーマンスの面から考えるとiPhone SE (第二世代)に軍配が上がるといえます。

iPhone 11シリーズは、これまでのiPhoneにはない程のハイスペックな仕様のスマートフォンになっております。その為、高級路線でのシリーズ展開となっているのですが、その値段相応のスペックは有していることは間違いありません。どちらが自分にとって相応しいのかは、しっかりとスペックを比較して検討するようにしてください。


《参考サイト紹介》
新型のiPhoneはどんどんスペックが上がっており、長く使う上で重要なバッテリー面も良くなっています。しかし、iPhoneのバッテリーは消耗品なので、バッテリー持ちが悪いと感じ始めたら交換を検討してみるのも良いでしょう ⇒ iPhoneのバッテリー

Copyright ©iPhoneはどのモデルを購入すべきなのか, All rights reserved.