iPhoneの革命

iPhone登場から今年で13年が経過しました。iPhoneは初登場以来、次々と新しいアイディアを搭載したスマートフォンを販売し続けており、スマートフォン業界のパイオニア的な存在となっています。そもそもiPhoneが登場する以前は、NokiaやブラックベリーなどのPDAが搭載されたスマートフォンがメインでした。ちょうどWindows Vistaがそろそろ登場するかどうかといったタイミングです。

そんな状況で発売されたiPhoneは、当時では考えられなかった音楽プレーヤーとインターネット端末の両方を有した携帯電話として登場したのです。PDAなどはビジネスマンに必須ではありましたが、一般の方にとって必ず重要ではありませんでした。しかし、iPodなどが世界中で大ブームとなっている中で、Appleが音楽プレーヤーを搭載したスマートフォンを発売したのですから、ビジネスマンだけでなく一般の方にもスマートフォンが認知されるようになりました。

2007年6月29日に、記念となる初代のiPhoneが発売されました。アメリカでは、iPhoneが発売されるAppleストアに長蛇の列ができ、非番の警察官がAppleストアを警備するなど厳戒態勢がとられました。その後もiPhoneは、わたし達の生活を豊かにしてくれる色々なアイディアが搭載されたスマートフォンを世に送り出し続けています。この秋に発売が予定されているiPhone 12も、これまでと同様に多くの方を魅了していくのでしょう。

Copyright ©iPhoneはどのモデルを購入すべきなのか, All rights reserved.